面白い本の表紙

もしくは美しき水車小屋の娘

飲める本と食べられる本

飲める本

f:id:oooooooo:20140720113343j:plain

f:id:oooooooo:20140720113347j:plain

各ページが水を濾過するフィルターになっています。

つまり、濾過するフィルターを、本の形にしたものですね。

各ページが水にまつわる話にすれば「本」と名乗ってもいいと思うけど。

ま、単なるフィルターだと注目を集めないので、「飲める本」というキャッチをつけるのはいいことだと思います。

WATERisLIFE のプロジェクトです。

ところで、下記のような氷で作ったアルファベットを、さらに氷に閉じ込めて石版のようにすれば、飲める本が作れそうです。

f:id:oooooooo:20130209142312j:plain

食べられる本

飲める本があったので、食べられる本を。

これは本当に食べられます。

f:id:oooooooo:20140720115616j:plain

f:id:oooooooo:20140720115619j:plain

f:id:oooooooo:20140720115623j:plain

ラザニアの生地になっていて、ちゃんと各ページが読めるのです。

作る人しか読むことができないので、

  • 料理を作る人への感謝の言葉
  • ラザニアなので、赤い血や肉がぐちゃぐちゃ出るスプラッターホラー

とか書いてあるといいと思いました。

広告を非表示にする